Windows XPでHP mini 2140の領域を分割する

kuroです。

HP mini 2140 Notebook PCにUbuntuをインストールする前に、Windows XPで領域を確保します

もともとこのマシンは、Windows XPが導入されています。
そして、HDDはすべてWindowsに使われています
その状態では、Ubuntuをインストールできないので、領域を分割して、Ubuntuを導入する領域を確保します。
(Wubiであれば、領域を変えなくてもUbuntuが入れられますが)

HDDの領域を分割することを、パーティションを切るといいます。

Windowsでパーティションを切るツールはいくつもありますが、私は個人利用の場合はフリーで使える「EASEUS Partition Master」を使いました。
英語版ですが、特に難しい英語は出てこないので、使用には困りません。

まず検索サイトで「EASEUS Partition Master」をキーワードに検索して、ツールをダウンロードしてインストールしてください。
ここまでの作業は通常のWindows用アプリケーションと一緒なので、手順は省略します。

インストール後、EASEUS Partition Masterを起動すると、以下の画面が表示されます。

Easeus01

上の画面の「C:NTFS」と書いている部分(149.04GBの領域)がWindows XPの領域です。
Windowsの領域を選択した状態でツールバーの「Resize/Move」をクリックします。

Easeus03
作業画面が表示されます。ここで「Paetition Size」の数値を修正します。
もともとが約150GBでしたので、「50GB」程度に減らしました。

Easeus04
画面が上のように変わったら、「OK」ボタンをクリックします。

Easeus05
元の画面に戻ります
Cドライブが50GB、残りが「Unallocated」となっています。
「Unallocated」とは、領域が確保されていないという意味です。
ここでその部分の領域を確保してもいいのですが、その作業はUbuntuで行うので、この段階ではそのままにしておきます。
次に左下にある「Apply」ボタンをクリックします。

※まだ領域を弄っていない状態です。「Apply」ボタンをクリックしてから、実際に領域に手を付けます。

Easeus07_2
「領域をいじって、その後シャットダウンするけどいいか?」という意味のメッセージが出るので、「Yes」ボタンをクリックします。

Easeus08_2
「作業が終わったら、リブート(再起動)するよ」という意味のメッセージが出るので、「Yes」ボタンをクリックします。

以後、パーティションが切られた後、自動的にリブートがかけられます。
リブートは(確か)2回くらい行われます
そしたら、作業は終わりです。

その後はライブCDなりライブUSBメモリなりで、Ubuntuを起動して作業します。
STEP2 Ubuntuの導入手順へ続く

HP mini 2140にUbuntu導入の目次はこちらから。