HP mini 2140にUbuntu 9.10の無線LANの設定手順

kuroです。

HP mini 2140にUbuntu 9.10をインストールした後に、無線LANのドライバを導入する必要があります。
インストール直後では無線LANが有効にならないからです。
無線LANが使えないとネットブックの魅力が半減(どころかゼロ)ですよね、言い切っちゃうけど。

というわけで、無線LANドライバを組み込みます。

まず有線LANケーブルを使って、インターネットに接続した状態にしておきます。

画面上部のパネルに、PCIカードみたいなアイコン(制限付きドライバが利用できます)が出たら、それをクリックします。

91060_2
「ハードウェア・ドライバ」画面が表示されます。
この画面は「システム」-「システム管理」-「ハードウェア・ドライバ」を選択します。

91061_2
「Broadcom STA 無線ドライバ」を選択して「有効にする」をクリックし、パスワードを入力します。
組み込まれると「有効にする」というボタンの文字が「パネルから削除」に変わります。

以上で、無線LANのドライバが組み込めました
再起動すると、利用できるはずです。

右上の無線LANのアイコンをクリックして、出てくる無線LANルーター(アクセスポイント)の一覧から接続したいものを選ぶと、パスワード(パスフレーズ)の入力画面が出るので、正しい値を入力すればOKです。

※ちなみに、私の場合、Ubuntuのインストール直後にこの作業をしたのですが、「有効にする」から「パネルに削除」に変わらず、組み込めないままでした。
ところがその後、アップデート・マネージャでシステムを更新して再起動したところ、無事無線LANが利用できる状態になっていました。

また、我が家の場合、無線LANルーターをステルスモードにしておくと、ルーターへの接続に失敗します。
ステルスモードを無効にしておけば、普通にアクセスできました。

HP mini 2140にUbuntu導入の目次はこちらから。