2010年4月11日 (日)

クラシコ2010

kuroです。
(今回はサッカーの話です)

昨晩はクラシコでした。
サッカーに詳しくない人のために解説しておきますと、
クラシコというは、スペインの強豪「レアルマドリード」と「バルセロナ」の試合のことを言います。
この伝統の一戦は、歴史的も古く、民族同士の因縁などもあり、非常に盛り上がるのです。世界中のサッカーファンが注目している試合の一つです。
私個人としてはワールドカップよりも面白いと思っています。

ちなみに「クラシコ」というサッカー映画もあるそうです。クラシコの情報を漁っていて見つけました。しかし、この映画、クラシコの意味を取り違えています。

上のURLより以下の文章を引用。

 タイトルの「クラシコ」とは、同じ街をホームタウンとするチーム同士の試合を指し、スペインのレアル・マドリードとFCバルセロナの対決が有名。「サッカー以外でも互いをライバル視している松本と長野の構図が『クラシコ』に当てはまると思ったので付けた」と樋本淳監督。

同じ街をホームタウンとするチーム同士の試合は「クラシコ」ではなく「ダービー」と呼びます。
そもそもバルセロナとマドリードは別の街ですしね、同じ国ですが

バルセロナには「エスパニョールvsバルセロナ」というバルセロナダービー、
マドリードには「レアルマドリードvsアトレチコマドリード」というマドリードダービーがあります。(マドリードにはヘタフェもあるので、そちらのダービーもありますね)

対立の構図としてダービーとクラシコは違うので、サッカー好きとしてはこの映画のタイトルに違和感を覚えます。
(でも、タイトル通り、サッカー好きが見たら熱くなる映画なのかも知れません。そのうち見るかも。見たら「おお、クラシコというタイトルにふさわしい映画だ」と納得するかも)

話が冒頭からぶれてしまいました、スミマセン。

さて今回のクラシコ、盛り上がりましたね。
何しろ現在、レアルマドリードが1位で、バルセロナが2位と首位対決。
勝ち点では両方とも77で並んでいるという接戦です。
1位同士の決戦といってもいいくらい

しかも30節終了時点で勝ち点77というのは史上最高。

つまり史上最高の力を発揮している両者がぶつかるのですから、サッカー好きにはたまりません

試合の前にレプリカユニフォーム(私はバルセロナファン)に着替えて、
WOWOWの放送を待ちかまえました。

残念なのは、試合前にリーガダイジェストのけたたましいキャスターの方が登場してしまったこと。
せっかく私の心の中は盛り上がっていたのに、異様なテンションで騒がれて、出足くじかれて興ざめしちゃいました。

でも映像が試合会場に移り、「アラマドリー」の曲が流れ始めると、もう釘付けです。
両者とも「ここで負けたら優勝が遠のく」という緊張感溢れるプレーでしたね。

録画で見る人もいるでしょうから結果は書きませんが、
「いやあ、生きてて良かった」というプレーがたくさんありました。
今日の試合ではバルセロナのメッシとシャビ、レアルのグティ、マルセロが光っていたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

WOWOW(リーガエスパニョーラ)の倉田さんの解説

kuroです。

WOWOWでリーガエスパニョーラ(サッカーのスペインリーグ)を見ていますが、
昨年から解説陣に加わった倉田安治さんという方は、非常にすばらしいと思っています。

私はサッカーは見るのは好きですが、運動音痴です。
サッカーも体育の時間にやっただけ。

そんな私でも、サッカーの見方が深くなるような解説をしてくれます。

ときどき「え? 今のプレーってそういう意味があったの?」と驚いて、
巻き戻して確認したりして。
おかげで、サッカーがますます好きになりました。

でも、WOWOWのリーガダイジェストには困っています
この番組はその週の試合を30分で振り返るものなのですが、
問題はキャスターの話し方。
とにかく品がない。ヤンキーみたいな話し
方をします。

私はサッカーの醍醐味を味わいたくて、その番組を見ているのですが、
キャスターの話し方を聞くと、げんなりしてしまうのです。

だから、その人が話している場面はすっ飛ばして、
サッカーのシーンばかりを見るようにしているのですが、
でも、その人はそういうときでもヤカマシイのです。

なんとかならんものか。。。。
せめて副音声で、あの人ナシの構成にしてはくれないものか。。。。

ああいう人を中心に据えて番組を作るなんて、WOWOWもどういう了見をしているのでしょうね。よく知らないけど、人気がある人なのでしょうか。

もっともそういうことに眉をひそめるのは、私が年寄りだからかもしれません。
若い人にとっては気にならないのかもしれませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)