« 復活 | トップページ | 今年の総括2:2ヶ月もたなかったideapad S10-3 »

2010年12月31日 (金)

今年の総括1: iMac DV Ubuntu化編

kuroです。

今年の総括です。

その1 iMac DV Ubuntu

ずっとテーマにしているiMac DV Ubuntu化計画ですが、
年末年始の休みに入って、やっと再開しました。
が、現状は変わらずです。
いまだインストールに成功しません。

というか、今はライブCDの起動すら、ままらならない状態。
もしかして、ハードウェアのどっかを壊してしまったのかな?

内蔵HDDからMac OSは起動するんですが。

来年こそは成功させよう。
(年始休みのうちに成功させたいものです)

|

« 復活 | トップページ | 今年の総括2:2ヶ月もたなかったideapad S10-3 »

コメント

iMac DVなつかしいですね。
Macには起動時に優先的に光学ドライブでブートさせるボタンがあったはずですよ。(ボタン忘れましたが orz)
あと、他のOSをインストールしてる途中で失敗すると、ブートデバイスの設定が飛ぶ事が。そんな時はPRAMクリアすると直ったと思います。

投稿: とおりすがり | 2011年2月 5日 (土) 14時09分

コメント書いてから、過去記事読みました。すみません。
新しいHDDで問題だったのは、HDDの容量が大きすぎたからかもしれません。最初のパーティションの容量に制限があったと思います。
まずWindows機か何かに取り付けて、10GB位とその残りでパーティションを切っておくとうまくいくかもしれません。認識出来た後は、Macに付け直せばフォーマットも出来るんではないかなと。最大容量がいくつだったかは覚えてません… orz

投稿: とおりすがり | 2011年2月 5日 (土) 14時26分

kuroです。

返事が遅くなりすみません。
コメントありがとうございます。

Windowsでパーティションを切ったドライブをMacに付けるとは、想定外でした。

投稿: kuro | 2011年2月26日 (土) 11時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の総括1: iMac DV Ubuntu化編:

« 復活 | トップページ | 今年の総括2:2ヶ月もたなかったideapad S10-3 »