« iMac DV、Ubuntu化計画。ライブCDの起動まで成功 | トップページ | ゲリラ豪雨でiMacがずぶ濡れに »

2010年8月28日 (土)

iMac DV Ubuntu化計画 標準のHDDに戻す

kuroです。

iMac DV Ubuntu化計画の続きです。

【現状】
Windowsマシンで使っていたHDDに換装し、それにUbuntuをインストールしようとしたところ、
フォーマット時にエラーが出て失敗。その先に進めない。

【対処法1】
換装したHDDをMac OSでのフォーマットを試みる

Googleで検索すると標準のHDD以外は使えない可能性があるという情報がありました。
それでバンドルされていたCDでiMacを起動。
「ドライブ設定」からフォーマットを試してみましたが、ダメでした。

【対処法2】
換装したHDDに標準のMac OS 9のインストールを試みる

バンドルされていたCDで起動。
リストアを試みました。
しかし、リストア先としてHDDが選択できず、先に進めません。

というわけで、このHDDはiMacでは使えないと判断しました。

【対処法3】
そこでもともと付いていた10GBのHDDを取り付け直し、
Ubuntuのインストールを試みる。

HDDを元に戻し、改めてライブCDでUbuntuを起動。
インストールを試みました。

ところがパーティション分割で挫折。

私にはひとつの思いこみがあったのです。
WindowsマシンにUbuntuをインストールするときには、
既存のパーティションを(データを残したまま)縮小し、
できた領域に新しいパーティションを作り、
そこにUbuntuをインストールすることができます。

ところがMacの場合は、そういう選択肢がありません。
Googleで調べてみると、Macには、そういった便利なツールがないみたい。
(Macに詳しくはないので、自信なし)

大切なデータを入れているわけではないのですが、
一応バックアップは取っておこうと思い、いったん作業は中止。

(そのまえにバックアップしとけよ、という批判は忘れてください)

というわけで、今週はここで時間切れ。
来週こそ、成功を目指します。

|

« iMac DV、Ubuntu化計画。ライブCDの起動まで成功 | トップページ | ゲリラ豪雨でiMacがずぶ濡れに »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iMac DV Ubuntu化計画 標準のHDDに戻す:

« iMac DV、Ubuntu化計画。ライブCDの起動まで成功 | トップページ | ゲリラ豪雨でiMacがずぶ濡れに »