« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月23日 (水)

iMac DV、Ubuntu化計画。外付けドライブからの起動失敗

kuroです。

iMac DV「Ubuntu化計画」の続きです。
(間隔が空いてしまって、スミマセン)

結果を先に言います。
失敗でした。

さて、今回私がやったことですが。

1 ファームウェアのアップデート

http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/imac_fw_update_4.1.9.html

にあるファームウェアをダウンロードして、私のiMac DVで実行してみました。
ところがすでに4.1.9になっているというメッセージが出て、おしまい。

それに
「FireWire 装置からのブートは現在、バージョン 3.22f1 以降のブート ROM が付属した Power Mac G4 (AGP Graphics)、または PowerBook (FireWire) 」
とのことですから、私のiMac DVはG3なのでIEEE1394からの起動には対応していないようです。

2 USBメモリを使って、OPTIONキーを押しながら起動に挑戦

OPTIONキーを押しながら起動すると、外付けドライブからブートできる
ということがわかったので、USBメモリでやってみました。

そのUSBメモリには、Mac用のUbuntuが入っています。
つまり、Mac用のライブUSBメモリなのです。

でも、ブート可能な一覧にUSBメモリが表れなくて挫折です。

こうなると、残る手は、DVDドライブ(CDドライブ)を購入して、
ドライブを交換するくらいでしょうか?
しかし、そのためだけにドライブを買うのはコストパフォーマンスが悪い気がする。
(スロットローディング型でない、普通のドライブなら余っているんだけど)

いっそ、DVDドライブを取り外し、そこに余っているHDDを取り付けてしまおうか。
そのHDDをUbnuntuのISOファイルを入れておいて、何とか並んだろうか?

うーむ、そっちのほうが楽に思えてきました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

ミニタワーのマザーボード交換

kuroです。

iMacの作業をしようと思っていた週末ですが、
別のことで時間を費やされてしまいました。

メインマシンとして使っている、Ubuntuのミニタワーマシンが不調なのです。

不調の原因は明確。
100円ショップで買った、USB接続の携帯電話充電ケーブル
です。

ケータイの電池が切れそうなときに、100円ショップに入ったら売っていたので、
「こりゃあ、ちょうどいい」と購入したものです。

そのときはネットブックを使ってうまく充電できていました。

その後、「このケーブルをデスクトップPCに付けっぱなしにしておけば
使い勝手が良いんじゃないか」と思い、付けておいたのです。

そして悲劇は起こりました。
PC起動中にUSBの充電ケーブルを抜いたところ、
バチッと火花が走って、PCが落ちた
のです。
(USBってホットプラグ対応だから、問題ない操作のはず)

その後、マシンの負荷を高めるとフリーズするようになりました。

それからメモリーの認識もおかしくなりました。
確認すると、1つのメモリースロットが認識しなくなっていました。

というわけで、この週末、マザーボードとメモリを買って、
ミニタワーマシンの中身を交換していた
のです。

壊れたのはマザーボードだけでしたが、
新しく買うならDDR3対応のマザーのほうがいいと思い、
ついでだからとメモリも交換してしまったのです。

今まで使っていたDDR2のメモリは、
別のマシンに取り付けたので、無駄にはしていません。

で、マザーを取り替えたマシンですが、快調に動いております。

というわけで、iMacの作業は今週末に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »