« 無線ルーターにeeeUbuntuをつなぐ設定 | トップページ | ネットブックを物色中 »

2009年8月21日 (金)

無線LANルーターのステルスモードの実験

kuroです。
現在、無線LANルーターのステルス機能を無効にして利用しています。
この状態だと、eeeUbuntu 9.04のEeePC 901-Xから接続できています。

このルーターのステルスを有効にして接続できるかテストしてみます。

一応説明しておくと、ステルスというのは無線LANルーターを隠す機能です。
通常、無線LAN対応端末からは無線の親機(アクセスポイント)の名前(SSID)が見えます。
つまり「このあたりには無線の親機がある」ということを周囲の人に知らせてしまうのです。
ステルスは、このSSIDを隠すことで存在を知らせない役割を持っています。
SSIDを知っている人だけが無線の親機にアクセスできるようになるわけですから。

さて、実験開始です。
まず最初の状態。ステルスは無効になっています。

Sterusu01

ルーターにログインして、ステルスを有効にして、無線LANルーターの設定を保存します。ついでにeeeUbuntu 9.04も再起動しておきます。

【ここで再起動】

通常はEeePC 901-Xを起動すると、自動的に無線LANルーターに接続されます。
しかし、今回はしばらく時間が掛かってから以下のような確認画面が出ました。
この間、上のパネルのネットワークアイコン(通常アンテナが表示されているやつ)がグルグル回っていました。

Suterusu02

「接続」ボタンをクリックします。
またネットワークアイコンがグルグルまわり出します。
しばらくすると、やっぱり同じ確認画面が出ます

通常の接続では駄目なようです。
「キャンセル」ボタンをクリックします。

別の方法を試してみます。
続いて、ネットワークアイコンをクリック(左クリック)して、
「ステルスモードの無線ネットワークに接続」を選択
します。
するとウィザードが表示されるので、必要項目を入力します。

Suterusu03

ネットワーク名にはSSIDの名前を入力、無線セキュリティでは「WPA&WPA2パーソナル」を選択します。
するとパスワード入力欄が追加されるので、そこにパスワードを入力し、「接続」ボタンをクリックします。

Suterusu04

またネットワークアイコンがグルグル回り出しました。
しばらく待つと、さきほどの確認画面が出ます。失敗のようです。

この状態で、一応、EeePC 901-Xを再起動してみましたが、やっぱり駄目なようです。起動後しばらく経つと下のような画面が出ます。

Suterusu05

今のところの結論としては、
私の無線LANルーターではステルスを有効にすると、eeeUbuntu 9.04では接続できない
ということです。

|

« 無線ルーターにeeeUbuntuをつなぐ設定 | トップページ | ネットブックを物色中 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANルーターのステルスモードの実験:

« 無線ルーターにeeeUbuntuをつなぐ設定 | トップページ | ネットブックを物色中 »